ビキニラインの処理とポイント

ビキニライン

ビキニラインを処理する際はやはり水着からはみ出さないように処理したいものです。でも好みに合わせて処理して行く事も多いと思います。

 

Vラインとビキニラインは場所は同じ所をほとんど指しています。色素沈着しやすい所ですし、肌が荒れて毛穴も開きやすいんですね。

 

黒ずみも生じやすいので、デリケートゾーン専用の石鹸など肌が弱い所でも安心できるグッズがあると便利です。毛抜きやカミソリはしっかりとした事前準備をしておくことが重要です。

 

肌に刺激が強いので炎症の元や雑菌が入る可能性もあるので、事前準備とアフターケアをしっかり行っていきましょう。また毛質が硬い方は蒸したタオルなどでまず毛質を柔らかくさせてから処理した方が肌に刺激が少ないです。

 

カミソリ負けをしてしまうと炎症が起きやすいんですね。また埋もれ毛の原因に繋がりやすいのでアフターケアと事前準備を行ってくださいね。永久脱毛という事も考えられますが、肌トラブルも多い所なので慎重に考えてみると良いかもしれません。

 

また冬場にビキニラインの手入れをしておくと良いです。夏場は紫外線の影響や蒸れなどもあるので冬場にきちんと手入れをしておくとよいかもしれません。

▲ビキニラインの処理とポイント 上へ戻る
ビキニラインの処理とポイント 先頭へ戻る